誤送信メールの危険性を知る-NTTテクノクロス-

社内のメールセキュリティポリシーを統一したい情報システム担当者におすすめです。Webサイトをサイバー攻撃から守ることができるセキュリティ対策は専門会社に任せよう!様々な導入タイプのクライアントタイプやサーバタイプ、クラウドサービスなどをご用意!添付ファイルの送り先を間違えてしまった、などの経験がある方は更に必見です!リスクが低い場合はメール誤送信防止画面を出さずにすることも出来ます。メール誤送信から標的型メール対策まで情報漏えい対策が可能!標的型攻撃を自動で検知するほか、メール環境は変わらずお使い頂けます。通信系から保険会社まで様々な会社の導入事例を掲載しています。ウィルス感染などのネットワークを外部から守るソフトウェアをご紹介しています。誤送信のリスクを自動的に判別することができます。クラウドメールにも対応可能で様々な導入タイプをご用意しています。価格の一覧表から環境に合ったソフトウェアをみつけることができるでしょう。メール送信前の再確認、添付ファイル暗号化により、メール誤送信による情報漏えいを防ぐソフトウェアです。セキュリティやクラウドなど様々なソフトウェアの情報が盛りだくさん!顧客の声からオペレーターの質や顧客満足度を上げることが期待されるサービスがあります。実際にCipherCraft/Mailに救われたというお客様の声を確認することが出来ます。メール誤送信による情報漏洩を未然に防ぎたい企業向けにご紹介しています。気軽に最新のイベントやセミナーにご参加いただけます。確認が必要な場合にはメール誤送信防止画面を表示可能します!年間保守料金はライセンス価格の15%となっています。Office365をご利用しているユーザー向けに対応しています。選べる価格体系!永年ライセンスか年間サブスクリプションかお客様のご都合に合わせてどちらか選択可能です。メール誤送信防止市場9年連続シェアNo.1。さらに導入実績1300社超え!柔軟な送受信制御と添付ファイルのコントロールでメール誤送信による被害を防ぎます。「宛先間違えた!」などのうっかりミスによるメール誤送信を防止できます。自動設定することによって個人情報漏えいなどの危険性がなくなります。社内ルールを徹底するため、パスワード暗号化の導入を検討しましょう。ライセンス価格は50ユーザのタイプをいくつかご用意しております。ポップアップで誤送信防止画面を表示させることができます。


関連記事

ページトップへ