27 6月応援幕をテレビで見ました

最近テレビでフィギュアスケートの試合の放送が多くなりました。昔からフィギュアスケートが好きだったのですが、放送の回数が多くなったので嬉しくなってしまいます。いつもテレビで見ているときは応援幕が目に付くのですが、手が込んでいるものが多くて驚きます。きっと業者の方にお願いしたり自分で作ったりされているのだろうなと思いました。業者の方にお願いするとかなり洗練されたものを作ることができそうでいいなと思ってしまいました。上手に似顔絵を入れたものや、名前をデザインしたものなど素敵なものが多いように思います。業者の方もきっと力を入れてデザインして作っておられるのだろうなと思います。応援している方の願いを感じてきれいにしっかりと作っておられるのだろうなと想像してしまいました。作っているところを一度見てみたいなと思いました。


応援幕も勝利を支えているのだと思っています

うちの娘が通う高校はバレーボールが強いことで有名なところです。特に女子バレーは全国大会で何度も優勝しています。そんな高校にわが子を通わせていることを光栄に思います。少しでも声援をおくりたいと、私も試合の応援に行くことがあります。そのたびに期待通りの華々しい活躍が見られるので嬉しくなります。あのような活躍の裏には選手達の人並みならぬ努力があることは言うまでもありません。しかしそればかりではなく、観客席の一致団結した応援が彼女達を勝利へと導いているようです。そんな我が校の応援には応援幕が活躍します。声援だけでは届かなくても、これがあれば選手達への熱い思いは伝わります。応援幕はそんなに煌びやかなものではなく、手頃な値段で作られるシンプルなものです。シンプルだけど熱い気持ちを伝える応援幕もバレー部の勝利を支えているのではないかと思っています。


応援幕はイベントそのものを盛り上げる効果がある

応援幕は大会などで良く見られますが、主に「学校」や「選手個人」を応援するものであったり用途は多彩です。しかしこれがあると無いとではそのイベント(大会)に出場する選手のみでなく、大会そのもの活気に影響があるとさえ思います。例えばこういった応援する幕が全く無いイベント(大会)ですと、第三者つまり応援や観戦に来る人達にとっても何かひっそりした印象があります。仮にそれが県レベルのイベント(大会)であっても盛り上がりに欠ける印象です。一方で、各出席団体(チームであったり学校であったり)の応援幕でそのイベント会場が一杯ですと、活気のあるイベント(大会)という印象が付きます。このように、応援幕というのは、選手やチーム個人を鼓舞したり、協賛やスポンサー効果というだけではなく、イベント(大会)そのものを活気付ける効果もあるということです。

No comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)